酸分解-アルカリ融解-誘導結合プラズマ質量分析法による花崗岩質岩標準試料の希土類元素の定量 Analysis of rare earth elements in standard samples of granitic rocks by inductively coupled plasma mass spectrometry after acid digestion and alkali fusion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

花崗岩質岩の希土類元素を正確かつ迅速にICP-MSによって定量する方法を検討した。試料を酸分解し,硝酸で溶解した後に,難溶性鉱物の分解を完全にするために残査を炭酸ナトリウムとホウ酸で融解し,合わせて測定溶液とした。検量線には,火成岩の主成分元素の組成を有する標準液を使用した。装置の調整により,干渉となる酸化物イオンの形成を抑えた。花崗岩質岩の標準試料3種の分析を行なって,良好な結果を得た。

Acid digestion and alkali fusion were applied to sample preparation of granitic rocks for the rare earth elements (REE) analysis by inductively coupled plasma mass spectrometry (ICP-MS). Granitic rock samples were decomposed by conventional rock-dissolution techniques, and the residues were fused with the mixture of Na<sub>2</sub>CO<sub>3</sub> and H<sub>3</sub>BO<sub>4</sub>. The fusion ensured complete dissolution of acid-resistant minerals. Appropriate amounts of major elements were added to the REE calibration standard solution for matrix matching. The conditions of the instrument were adjusted to minimize the formation of the oxide molecular ions. Fourteen REE in three standard samples of granitic rocks were determined successfully.

収録刊行物

  • 岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology  

    岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology 90(12), 419-427, 1995-12-01 

    Japan Association of Mineralogical Sciences

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002029814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10047992
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09149783
  • NDL 記事登録ID
    3924641
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-71
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ