高分子相互作用定量化のための物性値としてのスティッキネス及び疑似スティッキネスの導入とそのラムダゲノムDNA分析への応用 Introduction of Physicochemical Properties Termed Stickiness and Pseudostickiness to Quantification of Macromolecule-interaction and Its Application to the Analysis of Lambda Genome DNA

この論文をさがす

著者

    • 西垣 功一 NISHIGAKI Koichi
    • 埼玉大学工学部環境化学工学科, 機能材料工学科 Department of Environmental Chemistry and Department of Functional Materials Science, Saitama University
    • 佐久間 良人 SAKUMA Yoshito
    • 埼玉大学工学部環境化学工学科, 機能材料工学科 Department of Environmental Chemistry and Department of Functional Materials Science, Saitama University

収録刊行物

  • The Journal of chemical software  

    The Journal of chemical software 2(2), 96-107, 1994-12-07 

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002029944
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10470405
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ