(L-イソロイシナト)クロム(III)錯体の立体構造変化を伴った平衡反応における, 速度定数決定のための数値積分法, ならびにシンプレックス法を用いた最小二乗法の利用 Application of Numerical Integration and Least-squares Method with Simplex Optimization to the Evaluation of Rate Constants in the Stereochemical Rearrangement Reaction System of(L-isoleucinato)chromium(III)Complexes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

四種類の (レイソロイシナト) クロム (III) 錯体からなる新しい平衡系 (square network reaction system) が, N, N一ジメチルホルムアミド (DMF) 中で見い出された。純粋な錯体のDMF溶液を一定温度条件下で反応させて得られた各錯体のモル比ー時間曲線を, 数値積分ならびにシンプレックス法を用いた最小二乗法を併用して解析することにより, 各錯体間の平衡反応における速度定数が決定された。この解析法の有用性は, 種々条件下においてシミュレーション実験を行うことによって評価された。

A new equilibrium system composed of four kinds of (Lisoleucinato) chromium (III) complexes was discovered in <I>N, N</I>dimethylformamide (DMF). In order to determine rate constants in the square network reaction scheme, an analytical method for the mole fraction-time curves by the combined use of the numerical integration and the least-squares method with simplex optimization was proposed. The usefulness of this method was evaluated by simulating experimental data in various conditions, and the appropriate experimental conditions to obtain more precise results were sought.

収録刊行物

  • The Journal of chemical software  

    The Journal of chemical software 2(3), 149-158, 1995-04-07 

    SOCIETY OF COMPUTER CHEMISTRY, JAPAN

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002029986
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10470405
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09180761
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ