マウス感染モデルを用いた腸管出血性大腸菌O157感染症に対する抗生物質(FOM及びNFLX)の治療効果の検討 Therpeutic efficacies of antibiotics for the mouse model of Enterohemorrhagic E. coli(EHEC) O157 : H7 infection

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology  

    無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology 28(1), 57-59, 1998-06 

    日本無菌生物ノ-トバイオロジ-学会

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002038848
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0023754X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09100903
  • NDL 記事登録ID
    4565107
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学) // ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z18-1680
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ