JARPA調査において採用されているランダムサンプリング法と今後の課題 -より代表性のある標本の収集を目指して-

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 鯨研通信

    鯨研通信 402, 1-10, 1999-06

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002039116
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00314276
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13409409
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ