環状流遷移への重力の影響 Effect of Gravity on Annular Flow Transition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

流動様式の予測は, 二相流の流れや伝熱のモデル化の基盤となっている.環状流遷移は, そのなかでも最も重要な現象であり, いくつかのモデルが提案されてきた.これらのモデルでは, 体積力が流れの挙動を大きくコントロールするので, 重力は重要なパラメータと考えられてきたが, その影響を明確にするのは非常に困難であった.現存する遷移モデルを, 航空機のパラボリックフライトによって得られた微少重力環境での実験結果と比較した.環状流遷移に与える重力の影響を議論するとともに, 現存するモデルの検証を行った.

The prediction of flow patterns is the basis for modeling the two-phase flow and heat transfer. The annular flow transition is the most important phenomenon and the several models have been proposed. As the body forces largely control the flow behavior, gravity is a key parameter in the transition models. However, it has been very difficult to prove its influence. The existing transition models were compared with the experimental results at microgravity conditions during parabolic trajectory flights on aircraft. The influence of gravity on the annular flow transition was discussed and the existing models were verified.

収録刊行物

  • 日本舶用機関学会誌  

    日本舶用機関学会誌 32(3), 232-236, 1997-03-01 

    The Japan Institute of Marine Engineering

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002041475
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    03883051
  • NDL 記事登録ID
    4160265
  • NDL 雑誌分類
    ZN24(科学技術--運輸工学--船舶)
  • NDL 請求記号
    Z16-747
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ