アイセーフ波長及び中赤外域検知器の最近の進展 Infrared Detectors for 1 to 6mm(>1.4mm : Eyesafty Region)Lasers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Recently, the lasers operating at 2-5μm have been expected for applications of science, industry, medical science etc. because of "eyesafe". This paper reviews the Midium Wavelength InfraRed (MWIR) detectors covering the wavelength range 1.0-6.0μm (λ < 1.4 m: "eyesafe" spectral region). Most recent efforts in the technology of MWIR detectors have been on higher operating temperature making more covenient to use. These detectors are discussed for three wavelength regions: 1.0-2.0, 2.0-3.0, and 3.0-6.0μm.

収録刊行物

  • レーザー研究  

    レーザー研究 25(1), 25-28, 1997-01-15 

    The Laser Society of Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002042723
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00255326
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03870200
  • NDL 記事登録ID
    4128490
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1040
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ