電気炉酸化スラグのコンクリート骨材としての適用性 Utilization of Electric Arc Furnace Oxidizing Slag as Concrete Aggregates

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

(社) 日本鉄鋼連盟は, 電気炉製鋼工程で副生する電気炉酸化スラグをコンクリート骨材として利用することを目的として, 電気炉スラグのコンクリート骨材としての物性試験を実施し, 適用できる可能性があることがわかった。さらに, 電気炉酸化スラグの重い, 硬いなどの特性を生かして, 実構造物としての消波ブロックの製造試験を行い, 重量コンクリート用の重量骨材としても活用できる可能性があることがわかった。

Japan Iron and Steel Federation has been carrying out a series of study to utilize electric arc furnace oxidizing slag, which is produced as a by-product from steel-making process, as concrete aggregate. The possibility of utilization of slag has been recognized, because satisfactory results were obtained in the physical and chemical tests for the evaluation of aggregate. In order to take the advantages of characteristics of electric arc furnace oxidizing slag with high density and high hardness, actual size wave dissipating concrete blocks were made for strength and durability tests. The possibility to use it as heavy weight aggregate for heavy weight concrete has also been confirmed.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 36(12), 11-17, 1998-12-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002047238
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4630663
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ