PC構造物の補修・補強 Repair and Strengthening of Prestressed Concrete Structures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我が国でPC構造物が建設されてから50年近くが経過し, 既存のPC構造物にはかなり長期間供用されてきたものも多く, 補修や補強を必要とするものが増加している。このため, 今後は適切に維持管理し, 補修や補強を行うことが非常に重要となる。PCは種々の優れた特性から適用分野は広いが, ここではその約8割を占める橋りょうを中心に劣化損傷と調査方法および補修・補強の現状を述べ, 併せて補修・補強へのプレストレス技術の適用について紹介する。

In our country about fifty years elapsed since first construction of prestressed concrete (PC) structures. Some of them need to be repaired or strengthened, and adequate maintenance and rehabilitation become more and more important. PC has been applied widely due to its superior properties. As to bridges occupying about 80% of PC structures, the damages and inspection methods, and the repair and strengthening are described here. Efficient uses of prestressing for repair and strengthening are also mentioned.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(2), 3-9, 1999-02-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002047508
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4660099
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ