コンクリート系建築物の耐震補強技術 Techniques for Seismic Retrofit of Concrete Buildings

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1995年兵庫県南部地震以降, 耐震改修促進法の施行もあいまって, 多数のしかも多種多様な建築物において耐震補強が進められている。建物の機能を止めずに実施できる補強のニーズも高く, そのための工法開発も活発である。耐震補強工法では強度・じん性を高める従来の方法に加え, 地震応答を制御する免震・耐震の考え方も取り入れられ, 耐震補強技術が多様化してきている。米国では, 性能設計の概念を導入し, 免震・制震補強を取り入れた補強指針案が提案されている。

Seismic retrofit has been performed for large numbers and many types of buildings in Japan particularly since 1995 Kobe Earthquake. It is desired to achieve the seismic retrofit without loss of building function and evacuation. Many techniques have been developed for this need. New materials such as continuous fiber sheets and low yield strength steel are used. Recent retrofit strategy consists of seismic isolation and supplemental energy dissipation to control seismic response as well as conventional concept to improve strength and ductility. Recently proposed US retrofit guideline is performance based and it includes the concept of response control.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(3), 11-18, 1999-03-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002047622
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4687915
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ