コンクリート中の物質移動評価に関する研究の現状 State of the Art Report on Transport Mechanisms and Characteristics in Concrete

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンクリート中の物質移動評価に関する研究の現状について, 液体(水)・イオン・ガスの物質の状態別に解説的に記述した。本分野の研究は, 特にコンクリートの長期挙動・耐久性を理解するうえで重要であり, 性能規定型に移行しつつあるコンクリート構造物の設計体系における材料設計・性能照査の有効なツールになると思われる。実証的・解析的な両面から意欲的な研究が続けられているが, その中から特に移動の経路に着目したモデル化・定式化の事例を中心に紹介する。

A state of the art report on the studies performed to understand transportation mechanisms and characteristics of species (water, ions and gasses) which possibly move into and move out from concrete has been shown. These studies have attracted considerable interest with respect to long term performance and durability of concrete, and would contribute to development of comprehensive material design and inspection methods for concrete structures. Both experimental and analytical attempts to establish the model to describe and predict the transport properties have been mainly introduced.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(4), 3-11, 1999-04-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  53件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002047680
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4707508
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ