短繊維補強コンクリートの現状について Fober Reinforced Concrete

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

短繊維補強コンクリートは繊維の架橋作用によりひび割れ面で引張応力が伝達されるため, コンクリートのじん性能を向上する特性を有している。したがって, 短繊維補強コンクリートの特性を評価するためには, 引張破壊特性が重要なパラメータである。そこで, 本稿では短繊維補強コンクリートの引張破壊特性について報告する。さらに繊維による架橋作用によるひび割れ分散やエネルギー吸収能の増加を利用して, コンクリート構造物のせん断耐力および耐震性能を改善する短繊維の新しい利用方法について紹介する。

In short fiber reinforced concrete, tensile stresses are transmitted in crack faces because of the bridging effect of fibers, thereby offering a higher ductility of concrete. The tensile failure characteristic, discussed in this paper, is therefore a key parameter when evaluating the properties of short fiber reinforced concrete. In addition, new application techniques of short fibers are presented here for enhancing the shear strength and seismic performance of concrete structures. These techniques resort to satisfactory crack dispersing and increased energy absorbing capabilities provided by the bridging effect of fibers.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(4), 19-24, 1999-04-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002047748
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4707515
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ