遅延剤添加スラッジ水を使用した生コンクリートによる建築物の施工 An Application of Ready-Mixed Concrete with Sludge Water by Adding Retarder

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生コン工場で発生するスラッジの有効利用法の一つとして, 遅延剤を適量添加したスラッジ水を, スラッジ固形分率3%以内で, 単位水量およびAE剤使用量などの配合を修正することなく, コンクリートの練混ぜ水に用いる方式が提案されている<SUP>3)</SUP>。本稿は, この方式により製造した生コンをマンション建築に適用したときの遅延剤添加スラッジ水およびコンクリートの品質などについて紹介するものである。

A new method for the recycle of sludge generated at ready-mixed concrete plant has been reported at present. This method is able to apply sludge water by adding a retarder for mixing water, without the amendment of mix proportion of concrete due to the use of sludge water, within 3% of sludge content by cement weight Since ready mixed concrete made by this method was applied for a building construction, the property of sludge water added retarder and the quality of concrete used in the construction are described in this paper.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 37(7), 10-15, 1999-07-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002048094
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    4800622
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ