わが国の有害大気汚染物質対策の現状と今後の課題 Present Policies and Strategies for Hazardous Air Pollutants in Japan and Future Problems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国において, 有害大気汚染物質が大気中から検出されており, その長期的暴露による発ガンを含めた健康影響が懸念されている。欧米では, 1980年代後半から有害大気汚染物質に対する体系的な対策が開始されており, わが国としても, 有害大気汚染物質による影響の未然防止を目指した総合的な対策の確立が急務である。<BR>環境庁においては, 1994年4月, 有害大気汚染物質対策検討会を設置し, プライオリティリストの作成, 健康影響, モニタリングおよび発生源インベントリーに関する調査検討を実施しているところである。これらの検討結果を踏まえ, わが国として推進すべき有害大気汚染物質に対する総合的な対策の方向を取りまとめることとしている。

Unregulated hazardous air pollutants have been detected in the air in Japan. There is the danger that exposure to hazardous air pollutants over a long period of time could have an adverse effect on health. In order to prevent this, the creation of comprehensive countermeasures is necessary and urgent.<BR>The Japan Environment Agency formed an advisory committee in April 1994 for countermeasures of hazardous air pollutants, drafting a priority list of hazardous air pollutants, carrying out collection and analysis of information on their effects, studying their emission sources and air monitoring, etc. systematically and comprehensively. With these studies, comprehensive hazardous air pollutant countermeasures will be expected to be established in the near future in Japan.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(1), 3-12, 1995-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051675
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ