特別管理廃棄物としての燃焼性廃油および揮発性有機化合物の適正処理について Appropriate Control of Inflammable Waste Oils and Volatile Organic Compounds

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

燃焼しにくいものとして厚生省令で定められたものを除く廃油 (以下「燃焼性廃油」という。) は, 特別管理産業廃棄物として指定されている。引火性の液体は, 消防法により危険物第4類として規定されているが, 燃焼性廃油は廃棄物処理の観点から, その排出から最終処分に至るまでの適正な処理を確保するために特別管理産業廃棄物として指定し, その管理を強化・徹底することとされたものである。また, 1994年9月の廃棄物処理法施行令の一部改正により, 9種の揮発性化合物を含む廃棄物が特別管理産業廃棄物として指定された。これらの揮発性化合物は水系汚染の防止の観点から処理基準が定められているが, あわせて大気環境保全の観点からの対処も廃棄物に対して求められる。本稿では, 廃油の燃焼性の判定方法に触れるとともに, 燃焼性廃油および揮発性化合物を含む廃棄物の保管, 収集・運搬, 処理・処分に関する留意事項について述べた。

Waste oils prescribed in the Waste Management, excluding frame-resistant oils, Laws have been designated for inflammable waste oils. Although ignitable organic liquids have been prescribed in the Fire Protection Law, inflammable waste oils were designated as "Specially Controlled Waste"with a view to deal with the waste more strictly than other wastes.<BR>Meanwhile wastes containing one of nine volatile compounds were designated as"Specially Controlled Waste" in Cabinet Order for the Implementation of the Waste Management Law, amended in September 1994. Volatile organic compounds have the possibilities of exhibiting their environmental effect on air compartment through their volatilization. Therefore, it is necessary to treat them appropriately corresponding to their volatile property.<BR>In this paper, a method for judging flammability and volatility of waste oils and appropriate disposal of inflammable waste oils and wastes containing volatile organic compounds are mentioned. The judging method of flammability and volatility depends on the content of flammable volatile organic compounds which have a low boiling point.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(1), 34-45, 1995-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051746
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ