地方自治体によるアルミ缶回収の実態調査結果 Alminum Can Recycling by Municipal Authorities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルミ缶の回収は地方自治体による資源化を目的とした分別回収, 集団回収および拠点回収・事業系回収の3ルートにて行われている。<BR>われわれは地方自治体による資源化を目的とした分別回収および地方自治体が把握している集団回収の実態について調査した。<BR>その結果両者共に着実に拡充されつつあることが判明した。

We did research on aluminum can recycling done by municipal authorities in Japan.<BR>The quantity of aluminum Used-Beverage-Cans (U. B. C.) recycled by Japanese municipal authorities is steadily inereasing. Also Aluminum U. B. C. recycling realized by various kinds of civilian (volunteer) bodies is rapidly growing.<BR>Moral and economic support is given to most of those civilian groups by municinal authorities.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(1), 62-68, 1995-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051798
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ