廃棄物埋立処分地の環境評価に関する土壌生物科学的研究の試み -主として土壌・植生・土壌生物相からの展開- Soil Biological Studies on the Assessments of the Waste Landfill Sites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

各種廃棄物によって海面および中山間地の谷間を埋立て造成した人工の土地について, 土壌生物環境科学の立場から, 土壌とその立地利用に関する環境評価のあり方を, これまでに得た調査研究結果を基に解説と提言を試みた。<BR>人工の埋立て造成地であっても, それは自然環境あるいは土壌環境要因としての機能や作用が十分に発揮されることが求められる。調査結果からは, 埋立て造成地における生物相およびその現存量 (バイオマス) は貧弱であった。そして, それに伴う土壌の生物化学的活性も低調であった。また, 土壌環境機能を回復させる重要な物質である土壌有機物の生成が土壌動物の現存量とその摂食排糞活動等に見られる生物作用と密接に関わっていた。<BR>以上のような諸結果を基に, 本文では埋立て造成地を人工構造物としてではなく, 独立した自然環境要因を提供する場としての土壌 (環境) であるという認識を前提に論述した。

In this paper, the newly proposal evaluation on the waste landfill site was discussed from the standpoint of soil science and soil biology. The waste landfill sites are not artificially reclaimed lands, where there must be a suitable performance and function of soil characters. However, our experimental results showed that ; soil biota and/or biomass of the landfill sites were still poor in comparison to than those of natural lands. Also, the soil bio-activities were lowered with the number of soil organisms. The recovery to the function of natural soil is brought forth by soil organic matter. Their characters are formedby the action of animals and microorganisms in soils.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(2), 153-161, 1995-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051856
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ