高効率ごみ発電の現状と課題 Development of Efficient Waste-to-Energy System in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では未利用エネルギーとして最も期待されている都市ごみ焼却による廃熱の有効利用として『ごみ発電』の高効率化に対する技術開発と社会環境の現状について紹介する。<BR>ごみ発電の比率が低い原因として, (1) 売電価格が低く経済的に引き合わない, (2) 排ガス中の腐食性ガスによるボイラチューブの高温腐食のため技術的にも過熱度を上げられないため発電効率が10~15%と低いことがあげられる。高効率化に対して (1) 過熱管の耐腐食性向上, (2) 再過熱によるサイクル効率改善, (3) 別燃料によるサイクル効率改善の方法 (スーパごみ発電) が検討されている。スーパごみ発電を評価する指標 (ごみ正味発電効率) による比較を行い, 効率は蒸気圧力と過熱度に依存しごみ熱量に応じて適正な燃料使用量が存在し, 過熱部分に集中して燃料を使用することで最大効率化できることがわかった。最後に建設中のスーパごみ発電の実例と補助, 電気事業法緩和の動きについて紹介する。

Waste heat energy is the most expected national energy source in Japan, which is most effectively used in the case of electric power. This paper shows current situation of technological research & development and social background in this field. WTE (Waste-to-Energy) electric power generation is not so popular in Japan because of (1) low price of electricity sold via grid line, and (2) low efficiency of power generation (10%-15%) because of high temperature corrosion of superheater tube inside waste heat boiler. For higher efficiency of WTE, several researches are now going; (1) development of super heater tube material resistant against high temperature metal corrosion; (2) cycle efficiency improvement by reheating of wet steam outlet from high pressure turbine; (3) cycle efficiency improvement by using additional fuel for superheating. We define REAL WTE EFFICIENCY as an evaluating measure of real effect of additional fuel in the case of SUPER WTE SYSTEM (additional fuel superheating system) . We find that there exists an optimal point for most efficient usage of additional fuel, and that REAL WTE EFFICIENCY almost depends on steam pressure and superheat temperature. At last we show some cases of constructing SUPER WTE SYSTEMS and current movement of the regulation of the law.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(3), 205-217, 1995-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ