都市ごみの固形燃料化技術 RDF Technology for Municipal Solid Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石井 昇 ISHII Noboru
    • (株)荏原製作所環境プラント事業部技術第3部 Environmental Plant Devision, EBARA Corporation

抄録

環境問題が重視されている昨今, ごみ (資源) のリサイクルの必要性が求められている。エネルギー回収型ごみ処理方式の一種としてごみの固形燃料化が着目されている。<BR>固形燃料化システムは, ごみに石灰を添加し, 固形化することで, 長期の安定貯蔵しやすい燃料に転換することにより, ごみの持つエネルギーを有効に活用できるシステムであり, 現在, ごみ処理方式として主流である焼却方式を補完するシステムである。<BR>固形燃料化技術に関して, ごみ処理における位置づけ, システムの種類, 普及状況, 利用技術等について概説する。

Since enviromental problems are being given so much attention recently, the recycling of refuse (resources) is demanded as a necessity.<BR>Refuse derived fuel is given attention as one energy recovery refuse treatment method.<BR>The process of the Refuse-Derived-Fuel System is to add lime into the refuse, and solidify the mixture. The advantages of solidification of refuse are: it is easy to store for a long period, and thus effectively reuse the heat energy from refuse. As the combustion method is the main stream in treatment of refuse, the Refuse-Derived-Fuel System is a supplemental method.<BR>This report outlines the technology of the Refuse-Derived-Fuel System-its place among refuse treatment methods, varieties of the system, its popularization, and the application of the technology.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(3), 218-228, 1995-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051907
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ