海外におけるごみ発電の状況, とくにボイラの状況を中心にして The Waste-Fired Power Generation Outlook in Europe and U. S. A., Especially Regerding Boiler Parts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 折田 寛彦 ORITA Norihiko
    • 三菱重工(株)技術本部横浜研究所 環境装置研究推進室 MITSUBISHI Heavy industries, Ltd., Technical Headquarters Yokohama Research & Development Center

抄録

欧州では, 1960年代にごみ発電が普及し始めたが, ボイラ水管の高温腐食によるトラブルが多発したため, ごみの燃焼方法, ボイラ構造, ボイラ水管の保護方法や材料等について種々の改良が行われた。この後, 米国では欧州で改良された技術を導入して, 1970年代の後半から大規模なごみ発電所の建設に取組みだした。欧州でも, 近年になってからごみが再生可能なエネルギー源として見直され, ごみ発電に力を入れ始めた国が増加している。ごみ焼却炉ボイラは一般の化学燃料用ボイラと比べて, 非常に厳しい腐食環境下にあり, 火炉を構成する水冷壁管およびスーパヒータ管に損傷を受けることが多い。水冷壁管の腐食防止には, 耐火材料によるライニングが欧州で早い時期から実用化され, 近年は高合金の溶接肉盛が, 米国で広く適用されるようになった。また, スーパヒータ管の腐食防止には, 蒸気温度が初期の500℃台から450℃以下に落とされたことと, スーパヒータ部のガス温度を650℃以下とするなど, スーパヒータ管のメタル温度を下げる方策がとられた。一方で, ボイラ構造面の改良も続けられており, 耐久性の大きなテールエンド型ボイラや, パネル型スーパヒータ (高温ガス領域) を用いたコンパクト型ボイラ等が, 今後, 普及するものと見られる。

The first stage of waste-fired power generation plants started operation in the 1960 s in Europe. At the start, they experienced many troubles caused by high temperature boiler tube corrosion. In order to reduce the troubles, many improvements were made in refuse burning, boiler structure, boiler tube protection and tube materials. Introducing these improved technologies, the U.S.A. began the construction of large-scale waste-fired power generation plants in the late 1970s. In Europe, refuse is identified as a returnable energy source, and many European countries are taking policies to use waste for power generation. Waste fired boilers experience more severe corrosive conditions than fossil fuel fired boilers. Furnace wall boiler tubes are corroded by direct high temperature flame attack; refractory linings on the tube surface are adopted from the early stage of European plants, and a high alloy welded overlay was developed recently in U.S.A.. In order to avoid superheater tube corrosion and erosion, superheated steam temperature was decreased to under 450°C from the 500°C level of the early stage, and gas temperature is maintained under 450°C in the superheater tube section. A new age of boilers is coming up with"Tail End Type"and"Panel Type"superheater tubes.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(3), 229-241, 1995-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051919
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ