フレームジェットエンジニアリングと廃棄物の処理・資源化 Flame Jet Engineering and Its Application for Processing and Recovery of Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 島田 荘平 SHIMADA Sohei
    • 東京大学工学部地球システム工学科 Dr. Associate Prof. Dept. of Geosystem Engineering, Faculty of Engineering, The University of Tokyo

抄録

フレームジェットとは, ジェットバーナと呼ばれる燃焼器から発生する火炎 (フレーム) をいう。この火炎は, 火炎ジェットともいわれ, 高温・高速であるので, この火炎を利用して, 作孔, 切削, 乾燥, 蒸発, 破砕, 粉砕, 熱分解などのさまざまな作業や操作ができる。フレームジェットは元来, 岩石の作孔を目的として開発された技術であるが, 現在は, この熱作孔機としての利用の他に, 化学プラントの熱発生装置としてあるいは廃棄物の乾燥・解砕処理としての利用法が注目されてきている。<BR>本報では, フレームジェットの発生機構, ジェットバーナ運転システム, フレームジェットを用いた廃棄物処理・資源化システムの特長, 廃棄物処理例, 本システムの問題点と課題を解説した。

The author has engaged in the development of the jet burner, the grinding of minerals and rocks, and the development of a melting-cutting system for concrete structures by using the jet burner. The jet burner is a machine which can break, cut, crush, disintegrate and dry materials by the flame jet. The flame jet is generated in a combustion chamber by burning fuel and oxidizer. This burner is applicable for drying and disintegrating many kinds of sludges and wastes with very high water content. As the processed materials are recovered as dry powder, they are easy to reuse.<BR>This paper summarizes the application of the Flame Jet Engineering to waste recycling by using the jet burner. The characteristics of the processing system, those of recycled materials and some experimental results are reported.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(3), 251-259, 1995-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051949
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ