活性化覆土による浄化機能と新しい最終処分システム Purification Mechanism by Activated Cover Soil and New Waste Disposal System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では, 従来の最終処分場の機能を明らかにするために, 埋立構造の基本概念を述べ, 埋立構造と微生物の役割について準好気性埋立と循環式準好気性埋立の微生物による廃棄物の分解過程について概説する。<BR>そして埋立地は, 微生物の活動を応用したバイオリアクターの機能を有する「人工の器」としてその機能の拡大が計られていることを明らかにする。一方, 近年埋立廃棄物の性状が変化する中で, 埋立地は「貯留, 保管, 備蓄」の機能が益々求められている。<BR>このため, 高温焼成木炭を使った「活性化覆土」を循環式準好気性埋立構造と組み合わせた新しい埋立システムの開発を行い, その基礎研究を行った。<BR>その結果, ABC (Adsorption, Bioreactor and Clean-up) システムを有する埋立構造の可能性が示唆され, これを新しい最終処分システム「デポ・ランド (Depo-Land; Deposit Landfill) 」として提案する。

The author discusses the concept of "Landfill Type" and the biodegradation processes of solid waste in semiaerobic and recirculatory semiaerobic landfill types in order to explain the role of bacteria in landfill sites. It becomes clear that the landfill site is an artificial container with a bioreactor.<BR>Because the composition of landfilled wastes is changing, the function of "DEPOSIT" which means storage, safekeeping and stock is required of landfill sites recently. The author developed a new landfill system, which combines the recirculatory semiaerobic landfill type and a cover soil mixed with charcoal, which is called "Activated Cover Soil". From the experimental data, a result which supports the assumption was obtained.<BR>The author proposes the new disposal system of solid wastes, "Depo-Land", which means Deposit Landfill with ABC (Adsorption, Bioreactor and Clean-up) system.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(4), 278-284, 1995-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051963
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ