処分場浸出水の変異原性 Mutagenicity of Landfill Leachate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物埋立処分場における土壌・地下水汚染を防止するためには, 浸出水中の未知の有害物質を検出しその毒性を評価することが必要である。その手法として, 細菌を用いたバイオアッセイである変異原性試験 (エームス試験) が近年注目されており, その原理・調査例・意義などに関して解説した。変異原物質の約80%は発がん物質であり, 変異原性試験は, 発がんに関わる短期スクリーニング試験と位置づけられる。廃棄物埋立期間中の浸出水からは変異原性が検出されることがあり, しかも浸出水の浄化処理により, 変異原性がいっそう高まる現象が認められた。これは, 廃棄物中に存在する変異原物質の前駆体が, 浸出水中の細菌の好気的代謝によって変異原物質に変換されたものと考えられる。浸出水中のこのような変異原物質の挙動の解明を通して, その無害化処理法や除去対策が検討されている。

As approximately 80% of mutagens are carcinogens, mutagenicity assays are widely employed as a predictive screening for carcinogenicity in samples from the environment. For detecting and evaluating unknown pollutants in landfill leachate, the Ames mutagenicity test using <I>Salmonella</I> strains has been applied in an effort to control soil and groundwater pollution at municipal landfill sites. Mutagenicity was occasionally found among leachate samples during operation. It was noteworthy that the frequency and strength of mutagenicity often increased after clarification treatment of leachate. Detailed examinations revealed that the increase in mutagenicity in leachate at treatment facilities was probably due to the bacterial production of mutagens during aerobic treatments of leachate at treatment facilities. A strategy for controlling mutagens in landfill sites was discussed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(4), 285-293, 1995-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002051971
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ