災害廃棄物への対応と課題 -阪神・淡路大震災から考えること- Disposal Strategies for Solid Waste from Large-Scale Disasters -In Light of the Great Hanshin-Awaji Earthquake-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本年1月に起こった阪神・淡路大震災では多くの災害廃棄物が発生した。ここでは, こうした災害廃棄物の処理にあたって考慮しておかねばならない問題点や課題に関する所見を述べる。まず, 今般の震災の経験から都市計画や防災計画に反映させるべき事項を整理し, 広域支援体制のあり方を, アメリカのピアマッチ制度を参考に論じる。また, 自立分散電源としての廃棄物焼却施設の役割から燃料および用水の備蓄量について言及した。さらに神戸市における損壊家屋の解体業務を紹介するとともに, 緊急用の廃棄物の回収・輸送・処理システムについて考察を加えた。

The Great Hanshin-Awaji Earthquake which happened in January gave rise to large amounts of solid waste including broken houses and buildings.<BR>In this paper, strategy issues for the disposal of the waste generated from large-scale earthquake disasters is discussed. In light of this earthquake, items reflected in future city planning are pointed out and a broad support system is proposed with reference to the Peer Match program in the United States.<BR>Large solid waste incinerators ought to be employed as independent power plants. From this viewpoint, fuel and water stocks are compared in two plants.<BR>Scrapping procedures for houses and buildings in Kobe city are also described and a transportation system for the waste from large disasters is considered.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(5), 345-350, 1995-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052067
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ