災害と廃棄物性状 -災害廃棄物の発生原単位と一般廃棄物組成の変化- Disaster and Waste Problems -Per Unit Generation of the Disaster Waste and the Composition Changes of Municipal Solid Waste-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

災害に起因する廃棄物として, 解体廃棄物の発生原単位と, 一般廃棄物の組成の変化について検討した。原単位は重量と容量べースで求め, 鉄筋コンクリート, 木造家屋ともに, 重量ベースでは従来の報告値と近かったが, 容量ベースではかなり大きな値となった。これは, 災害復旧時には分別が不十分にならざるを得ず, 混合状態での積載になり荷台の空隙率が大きくなったためと推察される。一般廃棄物の組成調査では, 発泡プラスチック, PETボトル, 使い捨てカセットボンベなどの増加が見られ, 水道やガスのような生活基盤の欠如に起因する生活廃棄物の変化が顕著であった。またカセットボンベの約半数はガス抜きの穴が開けられておらず, 穴あけの徹底が求められるが, 排出量の顕著な増加を考えると, 事業者などによる別ルートの回収経路の確立も望まれる。

Field studies on per unit generation of the demolition waste and the change of composition of municipal solid waste have been done in Kobe and the Hanshin area. Per unit generation is determined by weight and volume basis. The volume unit generation is much larger than the values that have been reported before. This may be the result of not having enough classifications for the demolition waste. The amount of foaming plastics, PET-bottles and aerosolcans with combustible gas in municipal solid waste increased rapidly after the earthquake. This is originated by the disconnection of public services for gas and water supply. A half of the total aerosolcans with gases have no hole to leak the remaining gas.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(5), 351-359, 1995-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052079
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ