自然災害における災害廃棄物の発生特性と処理方策に関する調査研究 -廃棄物学会研究委員会自主研究の中間報告- An Investigation on Solid Waste Generations by Natural Disasters and Disposal Measures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

阪神・淡路大震災は多くの人命を奪い, 構造物に甚大な被害を及ぼした。同時に, この地震によって1, 850万tonにも及ぶ災害廃棄物が発生している。震災直後の災害廃棄物の処理にあたっては, 被災地からの搬出方法, 仮置き場や最終処分場での対応, 焼却, リサイクルのための破砕・選別方法など, 様々な点において試行錯誤が繰り返された。また, 損壊家屋の解体に伴い発生する廃棄物量の膨大さが改めて認識されるに至った。これらのことを教訓に, 廃棄物学会研究委員会のもとにおいて, 自然災害における廃棄物処理の在り方について, 若手の廃棄物学会員を中心に調査研究 (自主研究) を行うこととなった。<BR>本報は復興初期における阪神・淡路大震災の現地調査, および各メンバーが在住地で発生した災害事例について行った現在までの調査結果を紹介し, 自主研究活動の中間報告とするものである。

The Great Hanshin-Awaji Earthquake Disaster has caused significant damage to structures and generated approximately 18.5 million tons of earthquake waste. This earthquake was the first major one in the Hanshin District. For this reason, much effort was required for the collection, cleanup, and disposal of debris, and the enormous amount of debris generated by pulling down structures such as residences and buildings was seen in a new light. In order to let this be a lesson, an investigation on solid waste from natural disasters has been started by the younger membere of the Japan Society of Waste Management Experts. This paper reports on the situation of solid waste management for earthquake waste from the Great Hanshin-Awaji Earthquake Disaster in the stage of initial revival and other huge natural disasters which have occurred in recent years.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(5), 360-372, 1995-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052093
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ