神戸市の災害廃棄物対策 Disaster Waste Management in Kobe City

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では, 平成7年1月17日未明に神戸市を含む阪神・淡路地域を襲った「阪神・淡路大地震」の発生から7年8月までの, 主に倒壊家屋の解体撤去および処理処分の現状について報告する。<BR>地震の規模は, 気象庁の発表では神戸の臨海部では震度7を記録し, これまで本市が想定 (防災計画では, 震度「5の強」を想定) した規模をはるかに上回るものであり, 全壊・半壊, 全焼・半焼家屋棟数は約9万4千棟に及んでいる。<BR>これに伴い撤去を要する災害廃棄物量は神戸市域全体で約1千4百万m<SUP>3</SUP> (7年4月現在推計) と推計され, 平成7年度中の解体撤去および平成8年度中の処理処分完了を目標に仮置場への搬入および分別・焼却等の施設整備を進めているところであり, それらについて, 神戸市行政の動きを絡め紹介する

This paper shows the process of demolition and conveyance of distroyed housing and buildings in Kobe, as a result of the Great Hanshin-Awaji Earthquake on January 17 th 1995. It also shows the methods used for treatment and disposal of disaster debris.<BR>According to the Meteorological Agency, the intensity of the quake at the water front area of Kobe was seven on the Japanese scale. The magnitude was much greater than what the disaster prevention program of Kobe had anticipated. (The program assumed a tremor of the 5 th degree.) The total number of destroyed and burned houses and buildings is about 94, 000. It is assumed as of April 1995, that the disaster debris in Kobe amounted to some 14 million cubic meters.<BR>We are collecting the waste at temporary sites now, and arranging separation and incineration systems for it. We will finish the demolition and conveyance of destroyed houses and buildings by the end of March 1996, and complete the treatment and disposal of the debris by the end of March 1997.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(5), 380-393, 1995-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052110
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ