容器・包装廃棄物 Packaging Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本における容器包装廃棄物の実態について概説した。すなわち, 京都市の家庭ごみ細組成調査をもとに, 一般家庭から排出される容器・包装廃棄物を品物別, 材質別に各々重量比, 容積比で整理し, 家庭ごみ中容器・包装材が, 容積比で60%を占めることを明らかにした。さらに, 生産統計量などをもとにわが国の容器包装材の消費動向を調査し, 飲料容器が年間約550億本 (1993) トレイが年間約500億枚 (1994) も消費されていることを明らかにした。一方, 各自治体で, これらを処理するのに飲料缶で1本当り約4円, ペットボトルで約9円も処理コストがかかっていること, また, 自治体経由のリサイクル率は飲料缶で約20%, ガラスびんで17%程度であることを算出した。そして, 最後に容器・包装廃棄物の対策は, リサイクルも大切であるが, 容器・包装材そのものの使用削減や再使用がより大切であることを強調した。

This paper outlines packaging waste in Japan. In detailed analysis of domestic wastes in Kyoto, packaging waste was measured by weight and by volume, and categorized according to material and type. As a result, it was found that packaging waste accounts for approximately 60% (by volume) of domestic waste.<BR>According to packaging production statistics, about 55, 000 million beverage containors (1993) and 50.000 million polyethylene trays (1994) are consumed annually in Japan.<BR>A typical local government spends about 4 yen per can and 9 yen per PET bottle on disposal. Local government recycling rates remain at 20% for beverage cans and 17% for glass bottles. Finally, this paper emphasizes that recycling is important, but minimization and re-use are more important in reduction of packaging waste.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(5), 402-408, 1995-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052118
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ