リサイクル推進のための関連法律について Laws for the Promotion of Recycling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 福田 敦史 FUKUDA Atsushi
    • 通商産業省環境立地局環境指導課 Deputy Director, Ministry of International Trade and Industry, Environment Protection Guidance Division

抄録

近年, 廃棄物の発生量の増大, 処理, 処分場の不足の顕在化, さらには資源の有効利用の必要性を背景に, 省資源と資源の有効利用を織り込んだリサイクル経済社会への転換が必要とされている。<BR>本稿では, こうしたリサイクル経済社会への転換のためのリサイクル政策の重要な核である「再生資源の利用の促進に関する法律」, 「エネルギー等の使用の合理化及び再生資源の利用に関する事業活動の促進に関する臨時措置法」, さらに, 本年6月公布となった「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」について, その概要を述べる。

In recent years, against a background of increasing of the quantities of waste being discharged, the intensification of the shortage of medium and final disposal yards, and needs for effective utilization of resources, it is necessary to change to a Recycling socio-economy which includes saving resources and effectively utilizing of resources.<BR>This report presents an outline for the "Law for the Promotion of Utilizing of Recyclable Resources", the "Law on Temporary Measures to Promote Business Activities for the Rational Use of Energy and the Utilization of Recycled Resources", and the "Law for Promotion of Sorted Collection and Recycling of Containers and Packages", which promulgated last June.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(6), 422-429, 1995-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052133
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ