地方自治体の廃棄物行政と容器包装廃棄物新制度 Waste Management of Local Governments under the New Packaging Waste Recycling System in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 濱 真理 HAMA Makoto
    • 大阪市環境事業局業務部 Assistant Manager of General Affairs Dept., Environmental Management Bureau,, Osaka City Government

抄録

廃棄物の増量は地方自治体の廃棄物行政を圧迫している。<BR>今後は, 従来のような廃棄物として排出された後の段階での廃棄物対策でなく, 製品の生産, 流通, 消費といった廃棄物排出前の段階での対策が重要となる。<BR>この減量を進める今回の容器包装リサイクル法は, 生産や流通に携わる事業者に廃棄物対策の責務を課した点で評価できる。今後, 廃棄物発生抑制の推進や再生資源需給の安定に留意するなど, 運用上の工夫が望まれるところである。<BR>これらについて述べた上で, 本法に基づき市町村が容器包装廃棄物の分別収集を実施する際に検討すべき点を分析した。<BR>また, 容器包装廃棄物の発生抑制やリサイクルを推進する上で, 市民活動が重要となる点についてコメントした。

The increasing volume of waste has caused difficulties for the waste management of local governments.<BR>It is necessary to make efforts to reduce waste before discharge.<BR>I appreciate the newly enacted packaging waste law because it makes the responsibility of entrepreneurs for recycling so clear for the first time in Japan. The Japanese Government is expected to make the system under the new law work effectively, especially by promoting the prevention of packaging waste and by avoiding overstocks of collected packaging waste for recycling.<BR>An analysis of alternatives for packaging waste collections by local governments is made in this report.<BR>The last part shows the importance of the role of citizens' activities in reducing packaging and other wastes.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(6), 430-438, 1995-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052134
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ