リサイクル新法と容器包装廃棄物対策 Kirin's Packaging Policies : for Today and the Future

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

当社は, 「環境に適応した包装・容器設計ガイドライン」に基づき, 軽量リターナブルびんの開発・導入を図る等種々の容器包装廃棄物の減量化対策等を実施してきている。<BR>容器包装リサイクル新法は, 消費者・市町村・事業者等の各関係主体の役割分担を明確にしたこと, これまでとかく飲料容器だけがその対象になっているかのごとき論議・報道に終止符をうち, 「すべての, 商品の容器包装」を対象に関係主体を広く捉え直したこと, について意義を認めたい。<BR>今後にむけて, 再生資源の利用を促進していくため再生市場の育成が不可欠であるし, 新しいシステム構築に際して, 社会的総費用の最少化を追求することが必要である。あわせて, 新法では対象外になっていると解釈される, 事業系一般廃棄物問題についても検討がなされなければならない。こういった課題を解決すべく, 関与者すべての協力で推進していきたい。

Based on environmental voluntary guidelines for Kirin Group, we have been trying to minimize packaging wastes generatcd after the consumption of our products. A lighter refillable bottle is a good example of our attempts.<BR>We put much importance on the following two characteristics of the new packaging waste law : (1) to identify shared responsibility among consumers, municipalities and industries, (2) to encourage all packaging wastes for recycling.<BR>Now we need to develop an appropriate market for secondary resources and to minimize the "social cost" for disposal and recycling. It is unavoidable that a recycling plan for packaging wastes is carried out, exclusive of household wastes, which aren't mentioned in the new law.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(6), 439-444, 1995-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ