容器包装リサイクル法とメーカー責任 -海外における政策デザインの動向をふまえて- Packaging Waste Recycling Law and Extended Producer Responsibility

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

経済学のペティ・クラークの法則に示される通り, 先進国では第三次産業の社会, すなわち, サービス化社会が到来しているといえる。ダニエル・ベルはこのような変化を脱工業社会としての社会の進歩として論じ, 一般的には, 経済進歩に伴う産業構造の変化は農集社会から産菜社会, そしてサービス化社会への転換として論じられている。サービス化社会におけるその鍵は産業の「情報革命」と環境問題へ対応した「サスティナビリティ革命」にあるといえる。サービス化社会との関係の中での「サスティナビリティ革命」を取り上げることにより, たとえば, 環境政策において導入され始めた「メーカー責任」や「リテイク」など, 地球環境問題がこれまで大量生産・大量消費・大量廃棄になる経済構造や生活様式の見直しをいいながらも, 諭じてこなかったその方法や見直し後のそれらについて, リサイクル経済に代わり求められるグランド・ビジョンを示すことが必要である。

As shown in the Petty Clark's Rule of Economics, a third industrial society is to be realized in advanced countries. Daniel Bell defined such change as a progress of the world. Generally, changes in the industrial construction of economic progress is discussed as the change from an agricultural society into an industrial one. That is a service-oriented society. The key factor in this society is the "Information Revolution" of the industry, and the "Sustainability Revolution" corresponding to environmental issues. In this research, we will take up the "Sustainability Revolution" in relation to the service-oriented society. For example, on environmental issues of the earth such as "Producer Responsibility" and "Re-Take" which have been introduced in environmental policy, improvement of economic construction and lifestyle which could lead to mass production, mass consumption and mass disposal has been taken into consideration. It is necessary to show the required overall vision instead of a recycling economy concerning a method for improving economic construction and lifestyle, and those after the reform, because these have never been discussed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 6(6), 457-464, 1995-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002052142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ