排出地域および排出形態を考慮した局地性インパクトカテゴリのインパクトアセスメント手法の開発 Development of Site-and Source-Specific Life Cycle Impact Assessment Methodology for Local Impact Categories in Japan

この論文をさがす

著者

    • 稲葉 敦 INABA Atsushi
    • 資源環境技術総合研究所, エネルギー資源部 National Institute for Resources and Environment, AIST, MITI, Japan
    • 水野 建樹 MIZUNO Tateki
    • 資源環境技術総合研究所, エネルギー資源部 National Institute for Resources and Environment, AIST, MITI, Japan

収録刊行物

  • 日本エネルギー学会誌 = Journal of the Japan Institute of Energy  

    日本エネルギー学会誌 = Journal of the Japan Institute of Energy 77(12), 1128-1138, 1998-12-20 

    日本エネルギ-学会

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002070965
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10373883
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09168753
  • NDL 記事登録ID
    4629316
  • NDL 雑誌分類
    ZP27(科学技術--化学・化学工業--燃料)
  • NDL 請求記号
    Z17-119
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ