高温熱水によるポリ塩化ビニル廃棄物の脱塩素化処理 Dechlorination Treatment of Polyvinyl Chloride

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリ塩化ビニル廃棄物の新しい処理方法として, 高温熱水中において脱塩素化を行う方法について検討した。その結果, 金属鉄あるいはアルカリの存在のもとに, 300℃の亜臨界高温熱水中では1時間程度の反応時間で, また250℃では20時間程度で, ほぼ100%の脱塩素化が可能であることがわかった。<BR>さらに, 金属鉄のみの存在下では主に置換反応による脱塩素化が進行し外見上高分子の分解反応の進行はほとんど認められず, 反応後には溶融固化した固体が得られること, および, アルカリのみの存在下では分解反応と脱塩素化反応が同時に進行し, 反応生成物のほとんどが水溶性あるいは非水溶性液体となり固体残さは極めて少ないことがわかった。また, 金属鉄とアルカリが共存する場合, 亜臨界では主に脱塩素化反応が進行し分解反応は抑制されるが, 超臨界では分解反応も速やかに進行する。<BR>本方法は, 感染性医療系廃棄物の施設内処理に要求される滅菌処理方法として「医療廃棄物処理ガイドライン」に沿ったものであり, プラスチック製医療系廃棄物の施設内処理方法としても有効と考えられる。

As one of the new means of safe treatment of polyvinyl chloride wastes, reaction conditions of dechlorination in hot water at up to 400°C were investigated. Results may be summarized as follows.<BR>1) Dechlorination can be done by a one hour reaction in hot water at sub-critical conditions over 300°C, and by a 20 hour reaction at 250°C, with presence of metal iron, or in alkaline solution.<BR>2) With metal iron, the dechlorination reaction is dominant and decomposition reaction seems not to proceed, so that the residue is a dechlorinated solid.<BR>3) In alkaline solution, dechlorination and hydration reactions proceed simultaneously so that the main reaction products are water-soluble or in-soluble liquids, and little solid residue remains.<BR>4) With metal iron in alkaline solution, the dechlorination reaction is dominant, but at supercritical conditions decomposition reaction easily occurs.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(1), 16-22, 1995-01-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002081974
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ