実気象条件下における都市ごみ焼却灰充填層浸出水の水量水質変化 -屋外カラム実験および水量・水質タンクモデルによる検討- Quantity and Quality Changes of the Leachate form a Bed Packed with Incinerated Ash from Municipal Solid Waste under Real Meteorological Conditions -Results of Outdoor Column Experiments and Evaluation of Water Quantity and Quality with Tank Model-

この論文をさがす

著者

    • 金谷 健 KANAYA Ken
    • 京都大学 Department of Environmental and Sanitary Engineering, Faculty of Engineering, Instructor Kyoto University
    • 寺島 泰 TERASHIMA Yutaka
    • 京都大学 Department Of Environmental and Sanitary Engineering, Faculty of Engineering, Professor Kyoto University

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(2), 39-48, 1995-03-20 

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002081991
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ