食品工場排水処理プロセスから回収した酵母および酵母エキスの有効利用 Utilization of Yeasts and Yeast Extract Originated from Food Industrial Wastewater Treatment Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

酵母によって食品工場排水を処理し, 増殖する酵母から効率よく酵母エキスを抽出する方法について検討した。さらに酵母と抽出した酵母エキスを, 微生物培地材料およびキノコ栽培用生理活性素材へ適用した。酵母エキスを抽出する方法としては, 自己消化法, 酸熱分解法およびアルカリ熱分解法が有効で, アルカリ熱分解法では70~80%のエキス抽出率が得られた。栄養要求性の高い乳酸菌の生育度試験では, 三つの抽出方法で作成されたいずれの酵母エキスも, 市販酵母エキスと比較して遜色のない乳酸菌の増殖が観察され, 8ヶ月間にわたって性状も比較的安定していたので, 微生物用の培地材料として適用できることが確かめられた。またキノコの栽培試験では, 酵母と自己消化法で抽出された酵母エキス添加培地で菌糸生長, 子実体増収に共に効果がみられ, マイタケでは品質も改良されたので, キノコ栽培にも有効であることが明らかとなった。

Proliferated yeasts were recovered from the wastewater treatment process of the food industry and yeast cell contents were extracted with various procedures. Of these extraction methods, autolysis and heat treatment under acid or alkaline condition were evaluated to be rather effective. Alkaline hydrolysis ranging from 100°to 120°C at pH over 12 resulted in more than 80% of the extraction yield. The three yeast extracts prepared were applied to the medium component for microorganism growth and mushroom cultivation. Since they equally supported the growth of lactic acid bacteria which invariably had complex nutritional requirements in comparison to the commercial ones, three yeast extracts were confirmed to stand comparison with them. Furthermore, the promoting effects of the yeasts and the yeast extract through autolysis on mycerial growth and fruiting of mushrooms was also proved.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(2), 57-65, 1995-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082026
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ