下水汚泥溶融スラグを原料とするガラスの作製と物性評価 Preparation and Properties of Glass form Sewage Sludge Slag

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

下水汚泥スラグの溶融処理により生成するガラスの物性と化学組成, 特に鉄イオンの状態との関係を詳しく検討した。<BR>一般のガラスと比べると, スラグより生じたガラスは非常に多量の酸化鉄を含有し, そのため強く着色し不透明である。またアルカリ酸化物含量が少なくアルミナを多く含むため, アルミノ珪酸塩ガラスに近い物性値を示している。<BR>ガラス中のFe<SUP>2+</SUP>イオンの定量分析をセリウム滴定法により行った。スラグに炭素粉末を混合溶融することによりガラス中のFe<SUP>2+</SUP>/ (Fe<SUP>2+</SUP>+Fe<SUP>3+</SUP>) 比を調整することができた。Fe<SUP>2+</SUP>が多くなると熱膨張係数が大きくなり, 密度, ガラス転移温度および粘度が低下することが明らかになった。

Glasses were prepared bymelting the sewage sludge slag, and the relation between the properties and the chemical composition of the glasses, especially, the ratio of Fe<SUP>2+</SUP>/ (Fe<SUP>2+</SUP>+Fe<SUP>3+</SUP>) was analyzed in detail. The glasses were dark brown and not transparent due to high concentration of iron oxide. It was found that the properties of the slag glass were similar to those of aluminosilicate glasses which are available commercially. It was possible to control the ratio of Fe<SUP>2+</SUP>/ (Fe<SUP>2+</SUP>+Fe<SUP>3+</SUP>) in glass by adding graphite powder to the raw materials of glass. It was found that, as the fraction of Fe<SUP>2+</SUP>ion increases, the thermal expansion coefficient increases, density decreases, glass transition temperature decreases and viscosity also decreases.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(2), 66-72, 1995-03-20 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082041
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ