焼却灰溶出液中における硫酸塩還元反応への影響因子に関する研究 Study of Environmental Conditions on Sulfate Reduction in Leachate from Incinerator Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 信寿 TANAKA Nobutoshi
    • 北海道大学工学部衛生工学科 Department of Environmental and Sanitary Engineering, Faculty of Engineering, Hokkaido University
    • 松藤 敏彦 MATSUTO Toshihiko
    • 北海道大学工学部衛生工学科 Department of Environmental and Sanitary Engineering, Faculty of Engineering, Hokkaido University

抄録

日本では可燃ごみの70%以上が焼却され, 最終処分場は焼却灰および不燃ごみ主体の埋立地となってきている。灰中には重金属が濃縮されており, 環境中へ流出する可能性を持つ。しかし, 埋立地内には嫌気部分が存在し, 灰は硫酸塩を多く含有しているので, 硫酸塩還元細菌 (SRB) によって, 重金属が硫化物として固定される可能性がある。そこで本研究では焼却灰埋立層中における硫酸塩還元反応を検討する第一段階として, 灰溶出液中における硫酸塩還元反応の環境因子を検討した。<BR>その結果, 灰溶出液における環境因子の影響は既往の研究のものとほぼ同じであり, 条件が整えば硫化物生成が起きることがわかった。硫酸塩やTOCが残っているにも関わらず反応が停止したが, 本実験に用いた土壌植種液中のSRBは乳酸資化性であり, 灰溶出液中の有機炭素の約25%が乳酸経由で利用されたにすぎなかったからである。

In Japan more than 70% of municipal solid waste (MSW) has been incinerated. Since the heavy metal content is high in incinerator ash, there is a potential hazard of releasing heavy metals to the environment. In this paper, we did experimental studies on biological sulfate reduction in leachate from ash to know the possibility of heavy metal insolubilization.<BR>In this experiment, the influence of environmental conditions on the activity sulfate-reducing bacteria (SRB) was almost the same as reported by other researchers. Once those conditions were met, sulfide was produced by SRB in leachate from ash. Sulfate reduction was stopped even though sulfate and TOC still remain in leachate, because SRB in the authors' experiment utilized mainly lactate. Only 25% of TOC was transformed into lactate.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(3), 95-104, 1995-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ