無機塩類が埋立層内の微生物分解過程におよぼす影響 Effect of High Salinity on Biodegradation Processes of Solid Wastes in Landfill Sites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

焼却残渣主体の埋立地の高塩類化に伴う埋立地内の微生物分解過程への影響について小型埋立模型槽を用いて検討した。<BR>その結果, 埋立地の高塩類化によって廃棄物の分解および浸出水の浄化は抑制されるものの, 廃棄物層内には外的環境と接触し難い部分が多数存在しているため, その影響は比較的小さかった。特に, 不燃物ではそれ自身が塩類を高濃度に含有しており, 高塩性細菌群が多数存在していることと廃棄物層内に団粒構造様の微細な孔隙が存在しているために, 新たに高塩環境が付加されても廃棄物層内の細菌への影響はほとんど認められなかった。<BR>また, 浸出水中の細菌群は塩濃度が高くなると高塩性細菌群主体の細菌相へ遷移し, 菌数の減少はほとんど認められなかった。しかし, 浸出水中の細菌群の有機物分解活性は塩濃度が高くなると低下した。特に, 脱窒菌は浸出水中ばかりでなく, 廃棄物層においても高塩環境下ではその生育が抑制された。このために, 高塩環境下においては浸出水中の窒素成分は炭素成分に比べて減少し難いことが明らかになった。

Recently, with the rapid progress of the incineration technique, the landfill volume of incineration residues is increasing. Therefore, the salinity of leachate from landfill sites is increasing.<BR>On the effect of the high salinity of the landfill layer, we investigated the microbial degradation of solid wastes using the small-scaled lysimeters. The biodegradation of solid wastes and the purification of leachate were retarded under the high salinity condition. But it did not show up clearly because narrow pores like soil aggregates existed in the landfill layer. Also, the bacteria flora of leachate succeeded to the flora, in which the halophilic bacteria dominated, with the increase in the concentration of chloride in leachate. As a result, the number of NB organisms hardly decreased. On the other hand, the enzyme activities for biodegradation of organic compounds in leachate declined and the growth of the organisms which participated in the nitrogen compounds catabolism were inhibited, especially on the denitrification. Consequently, the concentration of inorganic nitrogen compounds in leachate decreased less than that of organic carbon compounds under the high salinity of the landfill layer.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(3), 105-114, 1995-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082098
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ