ミジンコを用いたバイオアッセイによる都市ごみ焼却飛灰の毒性評価 Toxicity of Municipal Solid Waste Combustion Fly Ash to Daphnia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却飛灰から作製した溶出液を試料として, そこに含まれる重金属を化学的に分析すると同時にミジンコを用いたバイオアッセイによって毒性評価を試みた。<BR>この溶出液中の重金属濃度を最終処分基準値と比較すると, カドミウムが基準値を大幅に超え, 鉛は基準値相当の値を示していることがわからた。また, 規制の対象とはなっていないが, 亜鉛も高濃度に含まれていることも明らかとなった。この結果から, これら3種類の金属がこの溶出液の毒性に寄与しているものと推測された。<BR>しかし, 溶出液ならびにこれらの金属の毒性をミジンコを用いたバイオアッセイによって調べたところ, それらの毒性に対する寄与は小さいことがわかった。<BR>以上のことから, 廃棄物の有害性を評価する上で, 化学分析に加えて, バイオアッセイによる毒性評価を行うことの有用性が示された。

Toxicity of leachate of municipal solid waste combustion fly ash was examined by quantitative analysis of heavy metals and the Daphnia toxicity test.<BR>Comparing the concentrations of heavy metals with the regulatory levels for landfill restriction, it was expected that cadmium and lead would be the dominating causes for the toxicity of leachate. Zinc, which was not regulatory constituent, was also expected to be one of them because its concentration was much higher than other metals.<BR>The Daphnia test, however, showed that the toxicity of the leachate was much higher than the toxicity expected form cadmium, lead and zinc concentrations.<BR>These facts show that, in addition to chemical analysis, it is useful to conduct biological toxicity test to evaluate the toxicity of wastes.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(3), 115-121, 1995-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082112
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ