最終処分場計画のためのファジィ総合評価方法 Fuzzy Comprehensive Evaluation Method for Final Disposal Site Planning

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小泉 明 KOIZUMI Akira
    • 東京都立大学工学部土木工学科衛生工学講座 Chair of Sanitary Engineering, Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo Metropolitan University
    • 稲員 とよの INAKAZU Toyono
    • 東京都立大学工学部土木工学科衛生工学講座 Chair of Sanitary Engineering, Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo Metropolitan University
    • 藤田 哲弥 FUJITA Tetsuya
    • 東京都立大学工学部土木工学科衛生工学講座 Chair of Sanitary Engineering, Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo Metropolitan University
    • 古市 徹 FURUICHI Tohru
    • 大阪府立大学工学部環境工学講座 Chair of Environmental Engineering, Department of Energy Systems Engineering, University of Osaka Prefecture

抄録

本論文では, 最終処分場の立地選定に関して, 計画代替案を様々な要因を考慮して総合的に評価することができる方法を提案する。この評価に際して, 最終処分場の評価要因には, 要因自身のあいまい性や将来に対する不確実性があり, そこにファジィ理論の考え方を用いて評価することを考えた。<BR>提案した評価方法では, 最終処分場において問題となる様々な要因を抽出し, これらの関係をISM手法により構造化する。そして, 構造化図の基本事象に対して, 望ましさを表す得点をファジィ理論によるメンバーシップ関数として与え, 構造化図の各事象に付加したウエイトをもとに, 各最終処分場に対する評価値を計算する。この結果から, 最終処分場計画代替案のファジィ総合評価を行う。<BR>さらに, 提案した評価方法を用いたケーススタディを行い, その有効性について検討した結果, 現実の最終処分場の評価と適合しており, この方法が計画代替案の比較に適用できるものであることを示した。

This paper proposes an evaluation method that can consider the various elements of alternatives during selection of a final disposal site plan. In this evaluation, these elements of possible final disposal sites contain fuzziness within themselves and uncertainty regarding the future; we use the fuzzy theory on these points.<BR>In our proposed method, first we select factors of all different sorts that will be the cause of problems in the final disposal site, and make a hierarchical structure of them using ISM (Interpretive Structural Modeling) method. Next, applying fuzzy theory, a point system expressing the desirability of alternatives vis a vis the basic factors, in the hierarchical structure, is created using the membership function.<BR>Then, based on the weights which are given to each factor, we calculate the evaluation values for each final disposal site. With these results, we make the comprehensive evaluation, using fuzzy theory, for the final disposal site plan alternatives.<BR>Furthermore, we show the case studies using our proposed method for three actual sites, in order to shed light on the effectiveness of this method. The outcomes of this study were the same as the evaluation of things as they are, here; it has been proved that our evaluation method can be applied to the comparison of several alternatives in site planning.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(5), 171-179, 1995-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082193
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ