電位分布歪み計測によるしゃ水シート破損検知技術の実用化に関する研究 Studies on Implementation of a Leakage Detection Technique for Seepage Control Sheets by Measuring Skewness of Electrical Potential Distribution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

管理型処分場の重要な機能の1つである埋立地のしゃ水工, 特にしゃ水シートの破損の恐れが指摘されている。この研究は, シートしゃ水工が万全に維持されているかどうかを電気的な方法で監視する, 埋立地モニタリングシステムの一技術に関するものである。<BR>筆者らは, しゃ水シートが電気的に高絶縁性を示すことに着目し, 電気的な方法での検知技術の研究開発を進めてきた。本論文では, 埋立地内外に一定の電圧を加えた時にしゃ水シート上面に発生した電位分布の歪みを測定することによって破損の有無とその位置の検知が可能であること, および埋立地のシートしゃ水工のモニタリング技術として実用化が可能であることを各種実験結果から明らかたした。

Prevention of leachate seepage is one of the major functions of a controlled landfill site. Damage, particularly of the seepage control sheet, is often feared. This paper is about one of the monitoring systems which electrically checks the performance of the seepage control sheet, and whether it is properly maintained.<BR>The authors became involved in development of an electricity-based detection system because seepage control sheets have high electric insulation. The study showed that when a certain value of voltage is applied inside and outside the landfill site, measurement of a resultant distorted distribution of potential on the sheet enables detection of whether the sheet is damaged or not, when it was damaged, and where. It is also concluded through experiments that this arrangement can be implemented as a technology to monitor the condition of seepage control sheets in landfill disposal sites.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(5), 198-207, 1995-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082234
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ