廃棄物の溶出試験に関する研究 -アベイラビリティ試験とpH依存性試験- Leaching Test of Metallic Compounds in Fly Ash of Solid Waste Incinerator -Availability Test and pH-dependent test-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

国際的に統一さ尊た溶出試験を目指して提案されつつあるアベイラビリティ試験とpH依存性試験を3種類の都市ごみ焼却飛灰に適用し, その有効性を検討した。同時にわが国の溶出試験である環境庁告示第13号で定める試験法 (告示法) を行い, 結果を比較してその問題点を指摘した。Cd, Cu, Pb, Znの4元素は, いずれも灰の種類によらず同様の溶出挙動を示した。また告示法の結果はほぼpH依存性試験で得られた曲線上にプロットされ, 告示法がpHに支配された試験であることが判った。アベイラビリティ試験は, 環境中で想定される最大の溶出量を把握する試験として概ね妥当といえたが, 元素によっては低pH側や高pH側での溶出量を把握しきれない場合もみられ, 試験条件にさらなる検討が必要であると思われた。3種の灰のうち, アベイラビリティ試験による溶出量は告示法で基準 (Cd, Pb) を下回った灰が最も高く, 告示法では溶出ポテンシャルを適切に把握できない可能性が示された。

Availability Test, pH-dependent test and Japanese leaching test (JLT-13) are applied to municipal solid waste fly ash in order to determine the leaching potential of metals (Al, Cd, Cu, Pb, Zn) . In the pH-dependent test, the behavior of metals was almost the same in spite of the difference in types of incinerator. The results of Japanese leaching test appear to be controlled by pH.<BR>The Availability Test is useful to determine the leaching potential in general. Some of the Availability Test's results show one kind of ash has higher leaching potential than others, although it is determind to be non-hazardous waste according to the current Japanese leaching test. There are some cases, however, where the results of the Availability Test are lower than the maximum release by pH-dependent test.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 6(6), 225-234, 1995-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  18件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082257
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ