α-アルミナのアルミニウムパラメータおよび酸素パラミータの簡便な求め方 A Simple Technique for Determination of Alminum and Oxygen Parameters of α-Almina

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高い融点と硬度及び還元に対する高い抵抗性を持つAl2O3セラミックス中のAlと酸素の原子位置を求める方法について検討した。通常のX線ディフラクトメータ法により測定したX線回折パターンとX線回折強度の理論計算結果との比較により、多結晶α-アルミナ焼結体のAlパラメータと酸素パラメータを比較的容易に求めることが出来た。多重度因子が一般の六方晶と異なっていることもわかった。α-alumina,familiar to us as a useful ceramic material,has been studied concerning thepositions of aluminum and oxygen atoms in unit cell.X-Tay diffraction profiles of polycrystalline α-aluminas are obtained by the use of diffractometer.While a computing program is constructedfor calculation of diffracted X-ray intensities,in which only several factors are taken into consideration,that is,structure,scattering,multiplicity,Lorentz-POlarization and temperature factors. Aluminum and oxygen parameters for α-alumina are easily determined by comparingcalculated X-ray intensities with experimentally measured ones.This simple technlque is applicable to other materials of corundum structure.

収録刊行物

  • 高温学会誌  

    高温学会誌 22(5), 193-197, 1996-09-20 

    社団法人高温学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002082973
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00080051
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03871096
  • NDL 記事登録ID
    4036208
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学)
  • NDL 請求記号
    Z15-317
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ