東北日本山形県大峠の金銀鉱化作用および関連した火山活動の年代 Timing of Au-Ag mineralization and related volcanism at Otoge, Yamagata Prefecture, Northeast Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大峠鉱床における金銀鉱化作用と熱水変質作用の年代を4個のセリサイト試料についてK-Ar法で測定した結果,3.93±0.15,3.99±0.10,4.10±0.10,4.15±0.10 Maが得られた。これにより深部の含金銀石英脈と現在の地表に存在する粘土鉱床のセリサイト帯が同じ時期に生じたことが示された。この年代は大峠鉱床の北東3 kmに位置する八谷鉱床の金銀鉛亜鉛鉱化作用の年代と近いものであった。したがって,両地域の鉱化作用が一連の熱水系の中で生じたという可能性がある。大峠層上部の溶結凝灰岩の年代として4.85±0.10 Ma(黒雲母,K-Ar年代)と4.60±0.30 Ma(ジルコン,フィッション・トラック年代)が得られた。これらの年代は大峠地域の火山活動の最後の時期を表している。<br><br>Karasugawa Formation 烏川層,Kuroiwa Formation 黒岩層,Mayoizawa Mudstone Member 迷沢泥岩部層,Ninosawa Formation 二の沢層

K-Ar ages of Au-Ag mineralization and hydrothermal alteration at the Otoge deposit were determined to be 3.93±0.15, 3.99±0.10, 4.10±0.10 and 4.15±0.10 Ma for four sericite separates, proving that the Au-Ag bearing quartz veins at deep level and the sericite zone of the clay deposit at the surface of present level were formed contemporaneously. The ages are also close to those of Au-Ag-Pb-Zn mineralization at the Yatani deposit, 3 km northeast of the Otoge deposit, suggesting that mineralization in both areas occurred within a series of hydrothermal systems. The eruption ages for welded tuff of the upper part of the Otoge Formation were determined to be 4.85±0.13 Ma (biotite, K-Ar age) and 4.60±0.30 Ma (zircon, fission track age), predating the mineralization.

収録刊行物

  • 岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology  

    岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology 91(8), 297-304, 1996-08-05 

    Japan Association of Mineralogical Sciences

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002088139
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10047992
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09149783
  • NDL 記事登録ID
    4019539
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-71
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ