600℃, 1kbにおけるザクロ石と2N塩化物水溶液間のCa^<2+>, Fe^<2+>およびMn^<2+>イオンの交換実験 Experimental study on ion exchange of Ca^<2+>, Fe^<2+> and Mn^<2+> between garnet solid solution and 2N aqueous chloride solution at 600℃ and 1kb

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グロシュラー—アルマンディン—スペサルティン系ザクロ石の安定関係と固溶に関する熱力学的性質を調べるために600°C,1kbにおいてザクロ石と2N塩化物水溶液間におけるCa<sup>2+</sup>,Fe<sup>2+</sup>およびMn<sup>2+</sup>イオンの交換実験を行った。実験結果はCa<sup>2+</sup>はFe<sup>2+</sup>およびMn<sup>2+</sup>に比べて塩化物水溶液にやや濃集することを示した。また,グロシュラー—アルマンディン—スペサルティン系ザクロ石ではグロシュラー—アルマンディン系に沿った半円形の領域を除いて固溶体が生成された。この半円形の領域では,ザクロ石固溶体の代わりにファヤライト—灰長石およびヘデン輝石—灰長石—ウスタイトの鉱物組み合わせが出現した。塩化物水溶液中におけるFeCl<sub>3</sub><sup>-</sup><sub>aq</sub>とMnCl<sub>3</sub><sup>-</sup><sub>aq</sub>の存在を考慮に入れて実験結果からザクロ石固溶体の熱力学的性質を求めた結果,アルマンディン—スペサルティン固溶体は理想固溶体から負のずれを示し,グロシュラー—スペサルティン固溶体は逆に正のずれを示した。グロシュラー—アルマンディン固溶体の混合に関する熱力学的性質はこの系における広い不安定領域のため精度良く求めることができなかった。

Experiments on ion exchange of Ca<sup>2+</sup>, Fe<sup>2+</sup> and Mn<sup>2+</sup> between grossularalmandine-spessartine garnet solid solution and 2N aqueous chloride solution were conducted at 600°C and 1 kb under relatively reducing conditions in order to determine the stability relation and mixing property of the garnet solid solution. The experimental results revealed that calcium ion is slightly preferentially partitioned into aqueous chloride solution compared with ferrous and manganese ions. Grossular, almandine and spessartine form an almost continuous solid solution except for the semicircular region along the grossular-almandine join, where mineral assemblages of fayalite+anorthite and hedenbergite+anorthite+wustite appear instead of the garnet solid solution. Mixing properties of the garnet solid solution were evaluated from the experimental results by considering the formation of FeCl<sub>3</sub><sup>−</sup><sub>aq</sub> and MnCl<sub>3</sub><sup>−</sup><sub>aq</sub> in the aqueous phase. Almandine-spessartine solid solution shows slightly negative deviation from ideality. On the other hand, grossular-spessartine solid solution shows slightly positive deviation. Mixing property of grossular-almandine solid solution was not well determined due to the large unstable region.

収録刊行物

  • 岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology  

    岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology 91(8), 305-318, 1996-08-05 

    Japan Association of Mineralogical Sciences

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002088157
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10047992
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09149783
  • NDL 記事登録ID
    4019540
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-71
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ