10GPaにおける高TiO_2ざくろ石の合成 Synthesis of high-TiO_2 pyrope-grossular garnet at 10GPa

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

CaMgSi<sub>2</sub>O<sub>6</sub>-CaTiAl<sub>2</sub>O<sub>6</sub>系中の組成[CaMgSi<sub>2</sub>O<sub>6</sub>成分(80 wt%)・CaTiAl<sub>2</sub>O<sub>6</sub>成分(20 wt%)]の10GPa,1500°Cにおける相平衡関係を実験的に決定した。その結果,輝石,ペロブスカイトと多量のTiO<sub>2</sub>を含むざくろ石が認められた。このざくろ石の存在の確証とセルパラメーターの決定のため,改めてこのざくろ石の組成のガラスから10 GPa,1500°Cにおいてざくろ石の合成を試みた。その結果,6.3 wt%のTiO<sub>2</sub>を含むざくろ石が合成され,セルパラメーターは11.812Åであった。

A high-titanium containing garnet, SiO<sub>2</sub>(40.6), TiO<sub>2</sub>(6.3), Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>(18.8), MgO(14.3), CaO(20.21), (wt%) has been synthesized at 10 GPa and 1500°C. Unit cell parameter of this synthetic garnet is determined to be 11.812 Å by micro-focused X-ray diffractmetry and this value is intermediate between those of pyrope and grossular. These results indicate that pyrope-grossular garnet potentially can accommodate TiO<sub>2</sub> up to 6.3 wt% at the high of 10 GPa.

収録刊行物

  • 岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology  

    岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology 91(12), 455-458, 1996-12-01 

    Japan Association of Mineralogical Sciences

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002088443
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10047992
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09149783
  • NDL 記事登録ID
    4127397
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-71
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ