中新世後期-鮮新世前期に形成された, 仙台市北西部の黒鼻山玄武岩 The Kurohanayama basalt(Sendai, Japan)during the Late Miocene to Early Pliocene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

黒鼻山玄武岩は第四紀の船形火山の一部と考えられ,東北日本第四紀火山の中で最も未分化な玄武岩を産することで重要視されてきた。この玄武岩から3試料について,各々5.03±0.50 Ma, 5.2±1.2 Ma, 5.64±0.31 MaのK-Ar年代値を得た。この結果から黒鼻山玄武岩は従来考えられていたより古く,中新世後期∼鮮新世前期(4∼6Ma)の噴出物と考えられる。これは最近の層序学的データと矛盾しない。また黒鼻山玄武岩はその平坦な山容や岩石学的な特徴が第四紀の船形山本体とは異なっている。<br>   本地域周辺では中新世後期以降,約8 Maの三滝ソレアイトおよび定義玄武岩,4∼6 Maの黒鼻山玄武岩,第四紀の船形山において玄武岩質の火山活動が見られる。これらの噴出物のNa<sub>2</sub>O量は時代が新しくなるにつれ高くなる傾向が認められる。<br><br>Kurohanayama, 黒鼻山; Funagatayama, 船形山; Ushiroshirahigeyama, 後白髪山; Kitaizumigatake, 北泉ヶ岳; Izumigatake, 泉ヶ岳; Kitamatsumaruhozawa, 北松丸保沢; Hizagawa, ヒザ川; Mitaki, 三滝; Joge, 定義

The Kurohanayama basalt has been referred to as a representative rock of Quaternary basalts in northeast Japan. There has been a significant amount of petrological studies on these rocks, however, the effused age of the Kurohanayama basalt has not been established yet.<br>     In this study, we determined the K-Ar ages of rocks from the Kurohanayama basalt, and obtained 5.03±0.50, 5.2±1.2 and 5.64±0.31 Ma in age. From these data, we have shown that basalts of Kurohanayama effused some time between Late Miocene and Early Pliocene (4-6 Ma). Thus, the Kurohanayama basalt is Tertiary in age, and must be genetically separated from the Quaternary Funagata volcano.

収録刊行物

  • 岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology  

    岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology 92(5), 181-188, 1997-05-05 

    Japan Association of Mineralogical Sciences

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002088841
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10047992
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09149783
  • NDL 記事登録ID
    4265975
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-71
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ