四国中央部三波川帯猿田川地域の石英片岩中に産する含Mnウインチ閃石 Manganoan winchite in a quartz schist from the Saruta-gawa area in the Sanbagawa metamorphic terrain, central Shikoku, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

四国中央部猿田川地域の三波川変成域から得られた石英片岩中の角閃石のコアに含Mnウインチ閃石(MnOとして最大4.19 wt.%)が見出された。石英片岩の構成鉱物は石英,曹長石,角閃石,白雲母,ざくろ石,緑泥石,褐れん石,方解石,燐灰石,スティルプノメレン,電気石,赤鉄鉱,黄鉄鉱である。角閃石は自形から半自形で,最大長径700 μmである。角閃石のコアの組成は,バロワ閃石からウインチ閃石をへて含Mnウインチ閃石まで変動する。角閃石のリムはアルカリ角閃石(主にマグネシオリーベック閃石)とウインチ閃石である。石英片岩中のざくろ石はスペッサルティン成分に富む(59-79%)。

Manganoan winchite (up to 4.19 wt.% MnO) occurs as cores of zoned amphibole in a quartz schist from the Saruta-gawa area in the Sanbagawa metamorphic terrain, central Shikoku, Japan. The quartz schist consists of quartz, albite, amphibole, muscovite, garnet, chlorite, allanite, calcite, apatite, stilpnomelane, tourmaline, hematite and pyrite. The amphibole is euhedral to subhedral in form (up to 700 μm long). The core of the amphibole ranges in composition from barroisite through winchite to manganoan winchite. The amphibole is rimmed by alkali amphibole (mainly magnesioriebeckite) and winchite. Garnet in the quartz schist is rich in spessartine component (59-79%).

収録刊行物

  • 岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology  

    岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology 92(5), 189-194, 1997-05-05 

    Japan Association of Mineralogical Sciences

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002088862
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10047992
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09149783
  • NDL 記事登録ID
    4265976
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-71
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ