アンコール遺跡(カンボジア)のラテライト -ラテライトに基づく遺跡のグループ化- The laterites of the Angkor monuments, Cambodia -The grouping of the momuments on the basis of the laterites-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アンコール遺跡に使用されている主要石材の一つであるラテライトの研究を行った。調査はアンコール遺跡の主要25遺跡において行った。<br>   アンコール遺跡に使用されているラテライトはその組織によりピソライト質ラテライトと多孔質ラテライトとに分けられる。その主要構成鉱物はどちらも同じであり,針鉄鉱,赤鉄鉱,カオリナイトおよび石英である。<br>   調査した25遺跡は,使用されているラテライトの孔隙サイズと帯磁率に基づき5つのグループに分けられる。ただし,プノム・クロムとバンテアイ・スレイは例外である。この分類は微量元素であるAs, Sb, SrおよびVの含有量からも裏付けされる。このことはラテライトの石切り場が時代とともに変化したことを示している。<br>   ラテライト材の層理面方向を調査した結果,層理面が縦になっている石材の割合はアンコール・ワットより前の建造物では高いが,アンコール・ワット以降の建造物ではその値が低くなっている。このことは,アンコール・ワット以降では層理面方向を意識して建造が行われたことを示している。<br>   プラサート・スープラとクレアンに隣接する池は,その護岸に使用されているラテライトの孔隙サイズ,帯磁率,層理面方向および微量元素の含有量からクレアンと同じ時代に建造されたと推定される。

The magnetic susceptibility, pore size, orientation of the bedding plane and chemical compositions of the laterites used in the Angkor momunents, Cambodia, were measured.<br>     The laterites used as building blocks of the 25 main monuments can be classified into porous laterites and pisolitic laterites based on the texture. Main constituent minerals of the both type laterites are the same, that is, goethite, hematite, kaolinite and quartz. These laterites are supposed to be formed by weathering of sandstone and conglomerate.<br>     Based on the average pore size and magnetic susceptibility of these laterites, the investigated monuments can be classified into 5 groups (Groups A to E) except for two monuments of Phnom Krom and Banteay Srei. This grouping is also supported by As, Sb, Sr and V contents of laterites. The laterites of the Groups A, C and E are rich in As, Sb and Sr, but poor in V compared with those of the Groups B and D. These facts suggest that the quarries from which the laterites were mined changed with the time.<br>     The investigation of the bedding plane of the laterite blocks revealed that the percentage of the laterite blocks with the vertical bedding plane is high (about 30 to 75%) in the monuments constructed prior to Angkor Wat, but low (less than 14%) in Angkor Wat and subsequently constructed monuments.<br>     Judging from the petrographic similarities of the laterites used for the embankments of the two ponds ajacent to Prasat Suor Prat and Khleangs, it is concluded that the ponds were constructed in the same age as Khleangs.

収録刊行物

  • 岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology  

    岩鉱 : 岩石鉱物鉱床学会誌 : journal of mineralogy, petrology and economic geology 94(5), 162-175, 1999-05-05 

    Japan Association of Mineralogical Sciences

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002091166
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10047992
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09149783
  • NDL 記事登録ID
    4743352
  • NDL 雑誌分類
    ZM46(科学技術--地球科学--岩石・鉱物・鉱床)
  • NDL 請求記号
    Z15-71
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ